予防歯科について

定期検診

何をおいても予防が肝心。日頃の正しいブラッシングに加え、2~4 ヶ月に一度の定期検診で口腔内の健康をチェックしましょ。
定期検診では検査後、必要に応じて歯石クリーニングやPMTC などの処置を行います。
検査表はイラストも活用した分かりやすいものをお渡しします。

フッ素塗布

フッ素には虫歯の進行を食い止める再石灰化の効果があり、穴が開いてしまう前の初期虫歯に有効です。
この処置ではフッ素を配合したクリームタイプの薬剤を塗布することで虫歯を予防。
年3~4回行うと効果が持続できます。

歯石クリーニング

ブラッシングを怠るとプラーク(歯垢)がたまり、いずれ化石のように固まります。
これは歯石と呼ばれ、細菌の格好のすみかで口臭や歯周病の要因ともなります。
ブラッシングでは取りにくいため、超音波スケーラー、ハンドスケーラーを用いて歯石を除去します。歯石を作らないためには日頃の衛生管理が重要です。