矯正歯科について

治療は早めに始めましよう!

永久歯6才~10才で前歯が大きく歯列が乱れていたら矯正の準備をしたほうが良いと思います。

成人矯正のデメリット
・噛み合わせが悪くなり戻らないので顎に歪みがでる。
・そのため腰痛肩凝り片頭痛などの原因となる事がある。
・期間が短い 成人→4~5年  小児→2~3年
・矯正装置が日立たない
・治寮費が安い (成人矯正の約半額)
・抜歯が痛くない。
・矯正装置に憤れるのが早い。
・自分の歯や体の健康を考えるようになる。
・だ液腺を刺激し、免疫力がつく。


・床拡大装置
・主に6才~12才までが適応です。


白い材料を使用しますのであまりめだちません。


治療終了後は透明なマウスピースで後戻りを防ぎます。


横顔の施術前→施術後
このように顔貌も自然な感じになります。

小児矯正歯科

小児矯正とは、顎の骨が成長しきってしまう前に行う矯正治療です。
顎の骨の柔らかい時期に始めることにより理想の状態での治療になります。
成長に合わせて矯正できるため抜歯の確率も低くなり、良い治療結果が得られやすくなります。
健康な歯並びをお子様の間に手に入れておくと大人になってからも虫歯や歯周病になりにくい健康な歯でいられます。

拡大床 矯正装置

小児矯正に使用します。
歯が大きく顎が小さい6歳~15歳前後の方に効果があります。

拡大床は
・顎の成長を促す。
・歯並びをよくする。
・噛み合わせが良くなる。
・発音、発生をきれいにする。
・だ液腺を刺激し、免疫力を高める。
などの効果があります。
また、歯並びが悪いとわかったら早めに治療を進める事をお勧めします。

成人矯正歯科

成人矯正とは永久歯が生え揃って骨格が完成している方への治療です。審美面での改善を目的とする人も多いですが、歯並びが整うことにより、歯周病・虫歯・発音が改善されるだけでなく、噛み合わせが正常になるため頭痛や肩こりなど身体的な改善にも繋がります。