うるま中央歯科医院は『親切・丁寧』な診療を心がけ、忙しい皆さまにも嬉しい休日診療を行っています。また、妊産婦診療にも力を入れており、その他、一般歯科・小児歯科・矯正歯科診療も行っています。

妊産婦歯科

妊娠中の方の歯科治療

妊産婦-1
妊娠期はお口の中の衛生状態の悪化などにより、むし歯の増加や歯肉炎が起きやすくなります。また、妊産婦の口腔状況がこれから生まれてくる子供の歯に影響を及ぼしかねません。つまり、妊娠中、胎児の成長過程において、歯と顎の発生・発育が胎生4~10週で行なわれるのです。また、歯胚の形成が乳歯の場合胎生7週から、永久歯の場合胎生3~4ヶ月の間に行なわれます。母親自身や、胎児のためには定期的に歯科健診を受け、また妊娠中の栄養面での配慮や口腔ケアが大切です。

妊産婦と歯科疾患

妊娠中はむし歯になりやすくなります。第一の原因はつわりなどで歯ブラシが使えなくなり、お口の中の衛生状態が悪化するからです。
また、お腹にいる胎児の分も食事を摂らなければなりませんので、間食回数の増加などがあげられます。
歯口清掃の不良とホルモンの変化などで、妊娠性の歯肉炎が妊娠前期から上顎前歯部に好発することがあります。その他に、妊娠性エプーリス、口内炎、口角糜爛などの軟組織疾患も発症する場合もあります。
上記のつわりの時、歯ブラシが使えない場合の対処として、
①食後は抗菌剤などが入っているうがい薬でうがいをして、食べかすを洗い流すこと。
②歯ブラシが大きいと、嘔吐反射を引き起こすので、子供用の小さな歯ブラシを使ってみる。
③食後、気分が悪くなったら、無理して磨かないで、調子が良くなったら磨いた方がよい。

妊産婦外来

0804_002
妊産婦では女性ホルモンのバランスに変調がみられるため、歯肉炎や歯周病が併発することがよくあります。
そのころに虫歯や、汚れが、お口の中にあると子宮に炎症を起こさせ、早産や流産のリスクを8倍にふやします。
当院では安全なレントゲン機器、薬剤を使い、お口と身体の健康を御指導、治療します。

うるま中央歯科医院 TEL 0120-660-614 10:00 - 20:00毎週月曜日・木曜日及び年末年始は休診

PAGETOP
Copyright © うるま中央歯科医院 All Rights Reserved.