うるま中央歯科医院は『親切・丁寧』な診療を心がけ、忙しい皆さまにも嬉しい休日診療を行っています。また、妊産婦診療にも力を入れており、その他、一般歯科・小児歯科・矯正歯科診療も行っています。

サージカルガイド

サージカルガイド

“サージカルガイド” と呼ばれるCTを見ながら技工所で製作してもらいます。サージカルガイドはマウスピースを利用してオペ中ドリルを完全に固定しインプラント挿入位置を正確に再現させ安全性が格段にあがりました。これにはCT必要で、歯科医院を選ぶ一つの要素です。体に侵襲が少ないため縫合もいらない場合が多く、短時間で終わるため多数歯をいっぺんに局所麻酔でオペできです。CTがないと作れないのでCTスキャン設備は絶対必要で、歯科医院を選ぶ一つの要素です。体に侵襲が少ないため縫合もいらない場合が多く、短時間で終わるため多数歯をいっぺんに局所麻酔でオペできです。昔の様に歯ぐきを大きく開いてドリルでぐりぐりと長時間血だらけになり次の日に顔が腫れあがる・・今はもうありえません。

image30image31
・10年前は大きく切開していました↑ ⇒ 悲惨な縫合が必要でした↑

image32

―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

・現在のオペ。正確な診断、最小限の外科処置、傷の早期治癒を促します。

image33image34

image35image36
・切開は最小限にとどまります。         ・麻酔後に装着し、正確に窩洞をほります。

出血も少なく、多くの症例で縫合せずにオペが短時間で終わり、痛みも最小限ですみます。↑

セラミックスの型取り

インプラントはチタンで作成され最も骨となじむ金属ですが、それでもオペから最低でも3カ月たたないとセラミックスの型取りはできません。焦って早く型をとると必ず経過が悪くなり一生持つものが10年で抜けてきたという症例をいやというくらい見てきました。よく ‘高いインプラントほど型をとれます’ というコピーを目にしますが、実験結果からそんなものはありません。3カ月といっても他の部位を治療している間にあっという間にすぎます。これもまた主治医を選ぶポイントです。とは言え骨密度は人それぞれなので多少の前後はあります。年齢、性別、人種によっても違います。白人の方、黒人の方、アジア人の方、沖縄中部で診療しているので色んな患者さんがいらっしゃるので勉強になります。この経験は矯正治療にも生かされています。

うるま中央歯科医院 TEL 0120-660-614 10:00 - 20:00毎週月曜日・木曜日及び年末年始は休診

PAGETOP
Copyright © うるま中央歯科医院 All Rights Reserved.